2017/10/19 23:50

J・C・ミッチェル&山本耕史ダブル“ヘドウィグ”の生歌サプライズに約500人が感激

ジョン・キャメロン・ミッチェルと 山本耕史
ジョン・キャメロン・ミッチェルと 山本耕史

 [映画.com ニュース] 俳優で映画監督のジョン・キャメロン・ミッチェルが10月19日、最新作「パーティで女の子に話しかけるには」を引っさげ来日し、都内で行われたジャパンプレミアに出席。ミッチェル監督の飛躍のきっかけとなったオフブロードウェイ・ミュージカル劇「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の日本版で、3度主演を務めた俳優の山本耕史が花束贈呈に駆けつけた。

 若手実力派女優エル・ファニングが主演を務めた本作は、英ファンタジー作家ニール・ゲイマンの自伝的短編小説を映画化。1977年のロンドン郊外の小さな町を舞台に、パンクムーブメントに熱中するも内気な高校生のエン(アレックス・シャープ)が、偶然迷い込んだ異星人のパーティで出会った少女ザン(ファニング)と過ごす48時間を描く。

 7年ぶりに来日したミッチェル監督は、主演のファニングを「一緒に仕事をしていて気持ちがいいし、プロフェッショナルで、抜きん出た才能を持っています。女優とスターを同時にこなすのは大変だけど、彼女はこの作品で初めてそれを実現できたのではないでしょうか」と称賛。世界が排他的、閉鎖的になりつつあるいま、「若い人たちにはもっとパンクの精神をもってほしい。それは、健全な反抗心だから。ある意味、すべてを浄化するような怒りを持って、愛を見つけてほしいのです」と若者たちにメッセージを贈った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン