2017/10/20 10:00

AAA宇野実彩子、ソー&ハルクの凸凹コンビは「強いのに不器用でかわいい!」

(写真左から)PUNPEE、宇野実彩子、 光岡三ツ子氏
(写真左から)PUNPEE、宇野実彩子、 光岡三ツ子氏

 [映画.com ニュース] マーベル・スタジオの人気シリーズの第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」の日本最速試写会が10月19日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。公開を待ち受ける熱狂的なファンが一堂に会したほか、上映終了後にはダンス・ボーカルグループAAAの宇野実彩子、ラッパー、トラックメーカーとして活躍するPUNPEE、数々のアメコミ本の翻訳を手がけ、「マーベル展」の監修も行った光岡三ツ子氏がトークを繰り広げた。

 強大な力を持つ死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)によって故郷を奪われたソー(クリス・ヘムズワース)が、アベンジャーズの仲間として共闘した盟友ハルク(マーク・ラファロ)、宿敵でもある弟ロキ(トム・ヒドルストン)らと型破りのチーム“リベンジャーズ”を結成し、ヘラに再戦を挑むさまを描く。

 「マイティ・ソー」シリーズ初鑑賞という宇野は「やっぱ面白いですね。見ていて痛快で笑えるところもふんだんにあって、あっという間でした」と興奮の面持ち。シリーズファンのPUNPEEは「ソーの人間的な隙が見えて楽しかったです。いきなり“キャラ変”がありましたね。“天丼”(同じギャグを繰り返すこと)のシーンもあり日本の方も楽しめるのでは。クリス・ヘムズワース本人とソーの性格がリンクしたのかも」と考察した。2人の言葉を受けて、光岡氏は「シリーズをご覧になっている方はトーンの違いに驚かれたと思うんですが、タイカ・ワイティティ監督が新しいソーを作りたいといってできた作品なので、ここから入られた方も楽しめると思います」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >