2017/10/20 14:00

「僕は女性の味方」フランソワ・オゾン、独仏舞台の恋愛映画で新星ヒロインを情感豊かに描く

(C)Mandarin Production - FOZ - X FILME Creative Pool GmbH - Mars Films - France 2 Cinema - Films Distribution
(C)Mandarin Production - FOZ - X FILME Creative Pool GmbH - Mars Films - France 2 Cinema - Films Distribution

 [映画.com ニュース]新作「婚約者の友人」で、第1次大戦直後のドイツとフランスを股にかけた、瑞々しい恋愛ドラマを描いたフランソワ・オゾン。戦争が両国に残した傷跡のなかで、婚約者フランツを亡くした若きドイツ人のヒロイン、アンナが絶望、虚無、新たな希望などを経験していく様を、モノクロとカラーを織り混ぜた独自の映像美学で語る。すでに自作「焼け石に水」でドイツを舞台にしたことがあるオゾンだが、彼にとってのドイツとは、一般的なフランス人の「近くて遠い国」的な感情とは異なるようだ。(取材・文/佐藤久理子)

 「子供の頃に初めて親に連れられて行った外国がドイツだった。そのとき子供なりに、ドイツの方がフランスよりいいと思ったんだ(笑)。清潔だし、人々は礼儀正しいし、すべてがフランスより綺麗に見えた。たしかにフランス人にしたら珍しいかもね。でも子供の趣味というのは偏っているものだろう(笑)。それ以来、学校で学ぶ外国語もドイツ語を選択し、その後ライナー・ベルナー・ファスビンダーらのドイツ人映画作家を発見してますますドイツが好きになった。フランス人はドイツに複雑な感情を抱いている。かつての敵国だし、いまやドイツの経済はフランスより強い。同盟国で友人だけど、ライバル心もある。そんな微妙な関係が僕にとっては面白い。この原作に惹かれた一番の理由は嘘をテーマにしていたことだが、ドイツが舞台という要素も大きかった」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン