2017/10/20 14:00

ライアン・ゴズリング、14歳で見た「ブレードランナー」の衝撃は「記憶から消えない」

圧倒的な演技を披露
圧倒的な演技を披露

 [映画.com ニュース] 「ラ・ラ・ランド」で新たなファンを獲得したライアン・ゴズリングが、傑作SFアクション「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く続編「ブレードランナー 2049」について語った。

 前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに「メッセージ」「ボーダーライン」のドゥニ・ビルヌーブ監督を起用した本作。2019年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”の追跡劇を描いた前作から30年後。現役捜査官のK(ゴズリング)と前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまが描かれる。

 ゴズリングは、「ブレードランナー」が今なお世界中から愛されている理由について「悪夢のような近未来が描かれているのに、説得力があってリアルだし、現実に起こりうる話なんだ」と見解を述べる。「『ブレードランナー』はとにかく記憶から消えることがない作品だった。あの世界の残像を振り払うことはできない。現実的なのにロマンティックな夢を見ているような手法で語られていくんだ。時間の経過と共に、この映画の独自性が証明されていったと思う」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >