2017/10/20 15:00

タル・ベーラ監修「鉱 ARAGANE」 炭鉱を映した小田香監督「地下で時間を失う感覚を表現したい」

(C)film.factory/FieldRAIN
(C)film.factory/FieldRAIN

 [映画.com ニュース]山形国際ドキュメンタリー映画祭2015アジア千波万波部門特別賞受賞作で、ボスニア・ヘルツェゴビナの炭鉱の姿を捉えたドキュメンタリー「鉱 ARAGANE」が10月21日公開する。タル・ベーラ監督が監修し、サラエボの映画学校で学んだ小田香監督が作品を語った。
*checkit http://eiga.com/movie/87550/video/ 【動画】「鉱 ARAGANE」予告編

 ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ。その近郊にあるブレザ炭鉱は操業100年の歴史を持ち、地下300メートルの世界では坑夫たちが黙々と作業を進め、杭を掘り進めている。爆音を響かせ続ける掘削重機、男たちが振り上げるツルハシ、鉱山から掘り出される石の小さな断片など、鉱山、そして労働者たちをカメラがひたすら見つめていく。

 タル・ベーラが創設したサラエボの映画学校の博士課程に在籍していた小田監督。本作製作のきっかけは、学校の課題からだという。「タル・ベーラ監督から、カフカの短編小説を脚色して映画にしなさいと課題を出されたのです。そのカフカの小説は、石炭に関する物語でした。それで私は炭鉱会社へ映画のリサーチに行きました。リサーチをしながら、炭坑の空間自体が面白いと感じました。それで学校の課題はやめて、『鉱 ARAGANE』の撮影に入ったのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >