2017/10/20 18:00

斎藤工&松田聖子、シンガポールの鬼才エリック・クー監督最新作で共演!

シンガポールと日本の外交関係 樹立50周年記念作品 (C)大川晋児
シンガポールと日本の外交関係 樹立50周年記念作品 (C)大川晋児

 [映画.com ニュース] 斎藤工と松田聖子がシンガポール、日本、フランスの3カ国合作映画「ラーメン・テー(仮題)」で共演していることがわかった。今年4月から製作がスタートした本作は、7月にクランクアップ。「TATSUMI マンガに革命を起こした男」でも知られるエリック・クー監督がメガホンをとり、伊原剛志、別所哲也、マーク・リー、ジネット・アウらが共演している。

 同作は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに、両国を題材にしたこれまでにない作品を生み出すべく企画されたもの。それぞれの国のソウルフードである肉骨茶(バクテー)とラーメンを軸に、2国間で交錯する“家族愛”を描出。クー監督が「『たんぱぽ』を超えるようなラーメン映画をつくりたい!」という目標を掲げ、プロジェクトが始動した。

 劇中でキーとなるのは、肉骨茶とラーメンを融合させたオリジナルフード“ラーメン・テー”。クー監督とプロデューサーの橘豊氏は「“ラーメン・テー”は果たして美味いものなのか」と考え、試行錯誤を繰り返しながら、まずは味に納得のいく“ラーメン・テー”を完成させ、その後、脚本開発に踏み切った。撮影は美しいロケーションが広がるシンガポール、そして“映画の街”として文化振興にも力を入れている高崎市で行われた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >