2017/10/21 07:00

H・ワインスタイン告発の声止まず オスカー女優L・ニョンゴもセクハラ被害を告白

苦い過去を告白したルピタ・ニョンゴ Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images
苦い過去を告白したルピタ・ニョンゴ Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images

 [映画.com ニュース] 「それでも夜は明ける」でアカデミー助演女優賞を受賞し、一躍脚光を浴びたルピタ・ニョンゴが、セクハラ騒動の渦中にある大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインから受けたセクハラ被害を、米ニューヨーク・タイムズ紙に明かした。

 ニョンゴが寄稿した告発記事は、10月19日(現地時間)の紙面に掲載。2011年に、イェール大学の大学院イェール・スクール・オブ・ドラマの学生だったニョンゴに、ワインスタインが自分と寝ればハリウッドで成功できるといった内容の発言をしたことなど、屈辱的な経験が語られている。

 11年にベルリンでワインスタインと初対面を果たしたニョンゴは、女性プロデューサーから「常に彼を味方にしておきなさい。ただ、ビジネスの面で知り合いになるのは有益だけれど、そばにいるときは気を付けて。彼は暴漢にもなり得るから」とアドバイスを受けたと述壊。最初の印象は「とても直接的で権威的な人だけれど、チャーミングでもあった」と語るが、事態はエスカレートしていった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >