2017/10/21 09:00

新海誠監督が振り返る、これまでの道のり 日常描写に込められた切実な思い

当時の心境と共に解説
当時の心境と共に解説

 [映画.com ニュース] 国内興行収入が250億円を突破した大ヒットアニメーション映画「君の名は。」のテレビ初放送が決定(11月4日の午後8時からWOWOWで放送)。WOWOWでは、10月21日から特集番組、さらには新海誠監督の過去4作品を一挙放送する。さらに、11月11日からは東京・六本木の国立新美術館で「新海誠展」が開催。放送と展覧会の開催を前に、新海監督が自身の作風について語った。

 新海作品の大きな特長は、人々が普段目にする日常風景を写実的かつきめ細やかに描いた映像。太陽や月、星の輝き、風や雲、水や雨といった自然界に存在するモチーフを効果的に用い、電車やビル、コンビニといった人工物を絡め、誰もが見たことのある景色を色彩豊かなシーンへと昇華させ、多くの人々の心をつかんできた。そもそもなぜ、新海監督は日常を描こうと思うにいたったのか?

 「そもそもの話からさせていただくと、デジタルで自分の作品を作りたいと思ったのは、サラリーマンだったことがきっかけだったんです」と切り出した新海監督は、「自分自身が満員電車に乗って仕事を終電までやって、夜中帰ってきてコンビニに行ってお弁当買って食べてまた朝起きてって生活を何年も何年も続けていくと、自分がずっと同じことを繰り返してすり減ってしまうような、何か大事なことができていないような感覚がだんだん強くなっていって。じゃあ、自分が毎日送っている生活空間そのものが舞台になるような映像を作りたい、という気持ちが強くなっていったんです」と当時の切実な思いを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >