2017/10/22 04:00

山崎賢人は“ボケの人” 「斉木楠雄のΨ難」新井浩文&福田雄一監督と明かす撮影風景

撮影の舞台裏、見どころを語る
撮影の舞台裏、見どころを語る

 [映画.com ニュース] クールなイメージがある山崎賢人だが、実際は“ボケの人”なのだという。新井浩文がそう語ると、福田雄一監督は我が意を得たりとばかりにひざを打つ。当の山崎はというと、マイペースにのほほんと笑っている。「斉木楠雄のΨ難」(10月21日公開)の撮影現場が、いかに愉快であったかを物語る3ショットが実現した。(取材・文/編集部、写真/根田拓也)

 麻生周一氏のギャグマンガを「勇者ヨシヒコ」「銀魂」の福田監督が実写映画化。超能力を持つ高校生・斉木楠雄(山崎)が、妄想美女・照橋心美(橋本環奈)や燃堂力(新井)ら、変人クラスメイトたちが起こす珍事に巻き込まれ続ける姿を描く。

 表面上は無口かつ素朴で、ツッコミは心の中で冷静に済ませる斉木を演じ、コメディ映画初挑戦を果たした山崎。もともと福田監督の大ファンであり、あこがれの現場で爪あとを残そうと、ほとばしる意欲を携えて臨んだ結果、得たものは大きかったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン