2017/10/22 06:00

菅田将暉&ヤン・イクチュン、スクリーンに焼き付けたそれぞれの存在意義

取材に応じた菅田将暉&ヤン・イクチュン
取材に応じた菅田将暉&ヤン・イクチュン

 [映画.com ニュース] 寺山修司はボクシングにも精通していただけに、「あゝ、荒野」におけるその描写はち密でリアリティに満ちている。体現するにはかなり高いハードルがあることは想像に難くない。だが、菅田将暉とヤン・イクチュンはストイックに自らを追い込み、プロボクサーとして生きることでそれぞれの存在意義をスクリーンに焼き付けた。

 ヤンは韓国である程度体を絞ってから来日したが、バリカン建二としてデビュー戦で“対戦”するトレーナーの松浦慎一郎による指導を「ハードトレーニング」だったと断言する。

 「すごく体を使いすぎて、テニスエルボーができました。私は右利きなので特に右がひどくて、訓練を受けてはシップを張っていましたね。松浦さんの話では、訓練の量も中身も完全にプロ仕様だったそうです。全くのアマチュアの状態からなので、それくらい激しい訓練でした」

 新宿新次として鮮烈なデビューを飾る菅田はさらに深刻で、血液中の酸素濃度が低下し皮膚や粘膜が青紫色になるチアノーゼを生まれて初めて出たそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >