2017/10/22 13:30

「高知の映画人口を増やしたい」安藤桃子監督がミニシアターをオープン

 [映画.com ニュース] 安藤サクラ主演の「0.5ミリ」などで知られる映画監督の安藤桃子氏がこのほど、高知市内にミニシアター「ウィークエンド キネマM」をオープンさせた。立ち上げから約2カ月半でのスピード開業。市内の中心商店街に映画館が復活するのは2006年以来となるという。「高知の映画人口を増やしたい」と語る安藤監督。その思いは?(取材・文・写真/平辻哲也)

 同館は高知市の名所「はりまや橋」から徒歩5分とかからない商店街「おびさんロード」にある。鉄筋コンクリートにタイル張りのモダンな建物。正面には、大きなアーチが特徴的なオシャレな外観だ。オープン当日、目の前の道路は歩行者天国となり、ホットドッグ屋、沖縄の揚げドーナッツ「サーターアンダギー」の出店が建ち並び、食事をしながら、ビールを飲む人々の姿があった。大げさな表現ではなく、ヨーロッパの小粋な通りを見るようだった。

 ビル1階にある映画館は席数57(車椅子席あり)。月~木曜は午前に1本、金~日曜は終日、3本上映する。全席自由席、入れ替え制。料金は一般(18歳以上)1本1300円、1日通し券2000円(ワンドリンク付)、会員1000円(特典付き)。DCP上映に加え、今どき珍しい35ミリフィルム上映設備もある。オープニング作品はベネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞した溝口健二監督の「山椒大夫」(1954)、ろうあ者の寄宿学校を舞台に全編手話で展開される青春映画「ザ・トライブ」(14)、「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督が自身の母親をテーマに描いた「20センチュリー・ウーマン」(16)だ。安藤監督が企画、運営、作品選びなどすべてに関わった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >