2017/10/23 09:00

米CBSの賭け 「スター・トレック」新作を自社ストリーミングサービスのみで配信

自社のストリーミングサービスのみで配信 Photo by Michael Tran/FilmMagic
自社のストリーミングサービスのみで配信 Photo by Michael Tran/FilmMagic

 [映画.com ニュース] 米主要ネットワーク局のひとつであるCBSが、自社のストリーミングサービスCBS All Accessのみで配信する「スター・トレック:ディスカバリー」の成績に注目が集まっている。ロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

 「スター・トレック:ディスカバリー」は、2005年に終了した「スター・トレック:エンタープライズ」以降で初めて作られたシリーズ最新作。1966~69年に放送された「宇宙大作戦」で描かれた約10年前が物語の舞台となっている。VFXやキャストが多いため1話800万ドルという高い制作費がかかっているのにも関わらず、同局はCBS All Acessでの独占配信を決定。第1話はCBSで全米放映されるものの、2話以降は同サービスのみで視聴可能となる(北米以外ではNetflixのオリジナルドラマとして配信される)。

 CBSは全米1億1000万軒の家庭で視聴が可能である一方、CBS All Acessの会員数は200万人しかいない。なぜ同局はこのような賭けに出たのだろうか。アメリカではいま、テレビ視聴習慣が大きな転換期を迎えており、ケーブルテレビや衛星放送の高額パッケージ契約を解約し、NetflixやHuluなどのストリーミング視聴に切り替える視聴者が急増している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >