2017/10/23 11:00

クエンティン・タランティーノ、ワインスタインのセクハラ事件について口を開く

クエンティン・タランティーノ Photo by Gabriel Olsen/FilmMagic
クエンティン・タランティーノ Photo by Gabriel Olsen/FilmMagic

 [映画.com ニュース] 米英の警察が捜査を開始したハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインの性的暴行およびセクシャルハラスメント事件について、クエンティン・タランティーノ監督が口を開いた。タランティーノは、ワインスタインの汚行が明るみになる何10年も前からこの事実を「知っていた」と告白している。

 タランティーノは、1991年の映画「レザボア・ドッグス」で長編監督デビューして以降、ワインスタインの強力なサポートにより監督としての地位を確立してきた。「パルプ・フィクション」「ジャッキー・ブラウン」「キル・ビル 2部作」「デス・プルーフ in グラインドハウス」「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」「ヘイトフル・エイト」はすべて、ワインスタインと組んで世に送り出した作品だ。

 ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに応じたタランティーノは、「私の対処は十分ではなかった。もっとすべき行動があったし、それに相当することを知っていた」と語り、何人かの女優たちの被害を把握していたことを明らかにした。「ただの噂やゴシップにとどまるものではなかった。人づてに聞いたことではなかったんだ。私は彼によるいくつかの行為を知っていた。私は自分が聞いたことに関して、自分の義務を果たすべきだったと思っている。もし当時、私がすべき行動をとっていたら、私は彼と仕事をしないことを選択していただろう」と自責の念を語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >