2017/10/23 12:22

9年ぶり来日ハリソン・フォード、35年ぶりの「ブレードランナー」続投を決断した理由明かす

会見は和気あいあい
会見は和気あいあい

 [映画.com ニュース] 「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く続編「ブレードランナー 2049」に主演したハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルビア・ホークス、ドゥニ・ビルヌーブ監督が来日し10月23日、都内で行われた会見に臨んだ。

 前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに「メッセージ」「ボーダーライン」のビルヌーブ監督を起用した本作。2049年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のK(ライアン・ゴズリング)と前作の主人公デッカード(フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまが描かれる。「ノック・ノック」で知られるアルマスは、Kの恋人ジョイ、「鑑定士と顔のない依頼人」で存在感を発揮したホークスは、ウォレスの忠実な部下でレプリカントのラヴに扮する。

 「台風が終わってくれてよかった。昨日は興味深い経験だったよ。(ホテルの部屋が)高層階にあるから、雲に包まれていたようだったね」と語り、会場を笑いに包んだフォードは、約35年ぶりの続投を決断した理由を「撮影が始まる4年前にリドリー・スコットから電話が来て、興奮したよ。短編とそれを基にした脚本が送られてきてね。とても共感でき、“これならいける”と思ったんだ」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >