2017/10/24 14:35

J・ギレンホール「ノクターナル・アニマルズ」で2役挑戦!演技の秘けつを映像で披露

8分弱語りつくす (C)Universal Pictures
8分弱語りつくす (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 世界的ファッションデザイナーで映画監督のトム・フォードの最新監督作「ノクターナル・アニマルズ」のインタビュー映像が、公開された。「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」「ライフ」と出演作が2017年に2本公開したジェイク・ギレンホールが、8分弱にわたって作品の舞台裏を語っている。

 フォード監督が2009年の「シングルマン」以来7年ぶりにメガホンをとり、米作家オースティン・ライト氏が1993年に発表した小説「ミステリ原稿」を映画化したサスペンスドラマ。第73回ベネチア国際映画祭で審査員グランプリに輝いた。ギレンホールは、小説家のエドワードと、エドワードが元妻スーザン(エイミー・アダムス)に送った小説の中の主人公トニーの2役を演じている。

 フォード監督から送られてきたという脚本を「これまでで最高の脚本の1つだ」と絶賛するギレンホールは「彼の脚本のリズムは映画自体のリズムにとても似ているし、トムが話すリズムにも似ているんだ。この映画は、報われない愛を描いている。そして、別離によって起こる内面での暴力をね」と考察する。映画監督としても、フォードに信頼を寄せ「トムは限られた中で決断を下すことができる。彼が自分のこだわりと格闘している姿を見られるのは面白かったよ。それがこの映画には表れている」とフォード監督のパーソナリティが作品にはにじみ出ているとの見方を示した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >