2017/10/25 12:21

「ブレードランナー 2049」ビルヌーブ監督、第1作に続き「本作でも日本要素盛り込んだ」

ハリソン・フォードは約9年ぶりに来日!
ハリソン・フォードは約9年ぶりに来日!

 [映画.com ニュース]来日中の「ブレードランナー 2049」の出演者ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルビア・フークス、メガホンをとったドゥニ・ビルヌーブ監督が、10月24日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたジャパンプレミアに参加した。

 傑作SF「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く続編。2049年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のK(ライアン・ゴズリング)と前作の主人公デッカード(フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまが描かれる。「ノック・ノック」で知られるアルマスは、Kの恋人ジョイ、「鑑定士と顔のない依頼人」で存在感を発揮したフークスは、ウォレスの忠実な部下でレプリカントのラヴに扮する。

 万雷の拍手と歓声で迎えられたフォードは、前作のメガホンをとり、本作では製作総指揮を務めるリドリー・スコット監督からオファーを受けた当時を振り返り、「リドリー(・スコット)はあんまり電話を使わないのに、あのときは電話をかけて来たからびっくりしたよ」と茶目っ気たっぷりに語ったほか、戸田奈津子氏の通訳を聞いて「それが私の言いたかったことだ」とジョークを飛ばすなど、気さくな人柄で観客を魅了していた。作品については「よく練られているし、厚みがある特別な映画だ。複雑でユニークな世界を描いている。前作も本作も俳優としてストーリーを物語る役目を負っているが、今回は、その役柄がもっと広がったんだ。参加できてうれしかったよ」と充実感をうかがわせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >