2017/10/26 12:00

「マイティ・ソー」最新作が個性的になった理由をマーベル初参戦の2人が考察

ジェフ・ゴールドブラム& カール・アーバンにインタビュー! (C)Marvel Studios 2017
ジェフ・ゴールドブラム& カール・アーバンにインタビュー! (C)Marvel Studios 2017

 [映画.com ニュース] 人気シリーズ第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」で、マーベル・スタジオ作品に初出演したジェフ・ゴールドブラムとカール・アーバンがそれぞれ、米ロサンゼルスで映画.comのインタビューに応じた。

 アベンジャーズの一員として地球の危機を救ってきた雷神ソー(クリス・へムズワース)は、故郷アスガルドを死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)に奪われ、自身は辺境の惑星サカールに飛ばされてしまう。そこで再会した、義弟で宿敵のロキ(トム・ヒドルストン)、アベンジャーズ仲間のハルク(マーク・ラファロ)、ワケありの女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)と型破りなチーム“リベンジャーズ”を結成し、ヘラに立ち向かう。

 メガホンをとった気鋭タイカ・ワイティティ監督がアドリブや即興演技を重視したことで、シェイクスピア的な荘厳さを漂わせていたソーの戦記が自由なコメディテイストをまとった冒険活劇へと変ぼうした。「ジュラシック・パーク」や「インデペンデンス・デイ」の個性派俳優としておなじみのゴールドブラムは、サカールの支配者グランドマスター役で得意のアドリブをさく裂させたが、主演へムズワースについて「コメディの達人。この映画でそれが完全に発揮されていて嬉しいね」と太鼓判。「演技の幅にとても感心させられた。僕には素晴らしいレッスンになったよ。現場で彼から学ぶのが大好きだった」と声を弾ませる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >