2017/10/26 12:30

渋川清彦“僕キャラ”に戸惑い? 戸次重幸は息子&愛猫と三角関係に

渋川清彦と戸次重幸がダブル主演
渋川清彦と戸次重幸がダブル主演

 [映画.com ニュース] 近代日本文学を代表する文豪・谷崎潤一郎の短編小説を基にした映画「神と人との間」が10月26日、第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門でワールドプレミア上映され、ダブル主演を務めた渋川清彦と戸次重幸、メガホンをとった内田英治監督がTOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に立った。

 谷崎自身の実体験である“細君譲渡事件”をモチーフにした泥沼の三角関係を、ブラックユーモアを交えてシニカルに描く。町医者の穂積(渋川)と漫画家の添田(戸次)は親友同士だったが、ともに熱帯魚屋で働く朝子(内田慈)に惚れてしまっていた。ある日、穂積は添田に朝子を譲り、やがて2人は結婚。だが、夫婦となった瞬間、添田は穂積と朝子が不倫をするようにけしかけるサディストへと変貌する。

 親友にバカにされながらも愛する人への純愛を貫こうとする穂積を演じた渋川は、「時間のない状況のなかで演じなくてはいけなかったんですが、セリフの量がめちゃくちゃあったんですよね。それが本当に大変で(笑)」とかなり苦労した様子。やがて「自分にない言葉を結構言わなくてはいけなかった」と述懐すると、「普段は自分のことを“俺”って言うんですけど、劇中では“僕”も使っている。“僕”というのは、自分のなかで違和感がありましたね」と“僕キャラ”に戸惑いを感じたようだ。だが、内田監督にとっては目論見通りだったようで「映画を作る時は、演じる方のイメージと真逆のキャラクターをやってもらうようにしている」と意図を明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >