2017/10/26 16:15

孤独からの救済描いたブルガリア映画、ムラデノフ監督「日本には秘められたものがある」

(左から)リュボミル・ムラデノフ監督、ツベタン・アレクシエフ、イバン・ディミトロフ
(左から)リュボミル・ムラデノフ監督、ツベタン・アレクシエフ、イバン・ディミトロフ

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されたブルガリア映画「シップ・イン・ア・ルーム」が10月26日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したリュボミル・ムラデノフ監督、出演のツベタン・アレクシエフ、イバン・ディミトロフが会見を行った。

 映画は、男性カメラマンのフィリペと、家を失った女性パブラとその弟イバンの関係性を描く。フィリペは偶然出会った姉弟を家に受け入れるが、イバンは1年前に暴漢に襲われたことをきっかけに外に出られなくなっていた。カメラマンとしての方向性を見失っていたフィリペだったが、イバンを孤独から救済するため、外の世界の何気ない映像を撮り始める。

 今回が2度目の来日となったムラデノフ監督は、「世界中を回っても、また戻ってきたいと思えるのは日本だけです。ここには何か秘められたものがある気がします。それはヨーロッパでは失われたものかもしれません。私の作品がほかでもない日本で上映されたのも偶然ではなく、何かのつながりがあると思います」と日本愛を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >