2017/10/26 19:11

フィンランドの名脇役が来日 主演作でペット安楽死請負人に

(左から)マッティ・オンニスマーとテーム・ニッキ監督
(左から)マッティ・オンニスマーとテーム・ニッキ監督

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されたフィンランド発のバイオレント・ノワール「ペット安楽死請負人」が10月26日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したテーム・ニッキ監督、主演のマッティ・オンニスマーが会見を行った。

 映画は、フィンランドで機械工をしながら、副業で病気のペットの安楽死を請け負う男ベイヨ・ハウッカ(オンニスマー)の葛藤と復讐を描いた。50歳のハウッカは、ある日健康な犬の安楽死を依頼される。飼い主は扱いに困っていたため仕事を請け負ったが、ハウッカは殺さずに自分の犬として飼うことに。しかしその後、犬が死んでいないことに気が付いた依頼主は、ハウッカを責め始める。

 フィンランドで名脇役として知られるオンニスマーは、主役のオファーに歓喜したといい、「夢のようで信じられませんでした。いつか長編映画で主演をしてみたいと思っていたので、夢がかなって嬉しいです」とニッコリ。しかし、「完成した作品を見て、自分があんなにスクリーンに映っているのはショックでした(笑)。しかも見えてくるのはミスばかり。小さな役でもそれは同じで、それを消化するのには数年かかるんです」と、役どころとは違う繊細さを見せて会場の笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >