2017/10/26 21:33

佐藤浩市、6年ぶり主演連ドラ「石つぶて」は「血湧き肉躍る」

「外務省機密費詐取事件」を題材にした社会派ドラマ
「外務省機密費詐取事件」を題材にした社会派ドラマ

 [映画.com ニュース]ノンフィクション作家・清武英利氏の著書をWOWOWがドラマ化した「石つぶて 外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち」の完成披露試写会が10月26日、東京・品川のGRAND HALLで行われ、主演の佐藤浩市、共演の江口洋介、北村
一輝、萩原聖人、飯豊まりえ、演出を手がけた若松節朗監督が舞台挨拶に出席した。

 2001年に発覚した「外務省機密費詐取事件」を題材にした社会派作品。警視庁捜査二課の刑事・木崎(佐藤)やその上司・斎見(江口)たちが、組織に抗いながら同事件を掘り起こし、“三悪人”と呼ばれる外務省役人の悪事に迫るさまをハードボイルドに描いた。

 約6年ぶりに連続ドラマ主演を果たした佐藤は、「役者人生、あと何年残っているかわからないですが、自分がやりがいがあると思う、チャレンジングな作品で何ができるか」と矜持をのぞかせ、骨太のノンフィクションを映像化することに「血湧き肉躍る」と表情を引き締める。一方で豪華キャストと対峙する撮影には「毎日しんどい」と苦笑を浮かべ、「肌が焼けるような人との距離感、セリフ。そういったことを消化するしんどさ。そのしんどさの先に、クランクアップという桃源郷がある。そのために僕は頑張っています」とぶっちゃけていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン