2017/10/27 07:00

ピエール瀧&リリー・フランキーの狂気…北原里英主演「サニー 32」ポスター披露

愛しのサニー様。あなたを拉致します。 (C)2018「サニー/32」製作委員会
愛しのサニー様。あなたを拉致します。 (C)2018「サニー/32」製作委員会

 [映画.com ニュース] 2018年春にアイドルグループ「NGT48」を卒業する北原里英が主演した白石和彌監督作「サニー 32」のポスタービジュアルが、このほどお披露目された。ピエール瀧とリリー・フランキーが狂気的な表情を浮かべ、その手に緊縛された北原をとらえた写真を持つという、背筋が凍るほどの恐怖を与える仕上がりだ。

 「凶悪」の白石監督と、脚本・高橋泉が再タッグを組んだ完全オリジナル作品。中学校教師・藤井赤理(北原)は、24歳の誕生日に突然誘拐されてしまう。柏原(瀧)、小田(リリー)と名乗る誘拐犯2人は、「犯罪史上最も可愛い殺人犯」と神格化される少女“サニー”の信奉者であり、赤理をサニーと呼んで監禁し、いたぶっていく。強烈なキャラクター性、人間の弱さと強さ、ネット社会の危うさを内抱したサスペンスフルな群像劇が紡がれ、予想外の結末へと突き進んでいく。

 ポスターでは、企むような不気味な笑みを顔に貼り付けた小田と、無感情の瞳を鈍く光らせる柏原の姿が目を引く。そして柏原が持つ写真には、衣服に血痕を付着させた赤理と謎の女性(門脇麦)が写っており、拉致・監禁の壮絶な様相を予感させる。

 撮影は2月2~19日に雪が降る新潟県内で行われており、同県を中心に活動する北原が体当たりの演技に挑み、本格派女優への第一歩を踏み出した。共演には音尾琢真、駿河太郎らが名を連ね、スーパーバイザーとして秋元康氏が参加している。「サニー 32」は、2018年2月9日に新潟・長岡で先行公開され、同17日から全国で封切られる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >