2017/10/27 09:00

「ブレードランナー 2049」の世界観はこうして作られた!ビルヌーブ監督が明かす激動の製作過程

「メッセージ」に続いて来日
「メッセージ」に続いて来日

 [映画.com ニュース] 「メッセージ」「ボーダーライン(2015)」で知られるドゥニ・ビルヌーブ監督が、傑作SFの続編「ブレードランナー 2049」(公開中)を携えて来日。前作「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く本作の製作背景について、映画.comに語った。

 2049年の近未来を舞台に、人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のK(ライアン・ゴズリング)と前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまを描く本作。すでに世界46カ国で初登場第1位を記録し、世界興行収入も10月26日時点で2億ドル近くのヒットを記録している。

 「ブレードランナー」といえば、映画という枠を飛び越え、あらゆるメディアに影響を与えたエポックメイキングな傑作として名高い。「メッセージ」でオスカー候補に躍り出たビルヌーブ監督といえど、その“続き”を描くのは困難の連続だったのではないか? ビルヌーブ監督は「僕は元々小さいグループの中で映画作りをしていたんだけど、その時はみんなが同じ曲を演奏しているというような感じで(図式が)わかりやすかった。直に話せる人たちならいいんだけれど、今回は3000マイル(約4828キロメートル)離れた場所にいるコンピュータ技師たちとも打ち合わせなければならない。忍耐力が必要だったよ、ありったけの忍耐力がね(笑)」とおだやかな口調の中にも苦労をうかがわせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >