2017/10/27 12:00

マイルズ・テラー「ラ・ラ・ランド」降板の真相を語る

デイミアン・チャゼル監督への複雑な 胸中を吐露したマイルズ・テラー Photo by Rich Fury/Getty Images
デイミアン・チャゼル監督への複雑な 胸中を吐露したマイルズ・テラー Photo by Rich Fury/Getty Images

 [映画.com ニュース] 注目の若手俳優マイルズ・テラーが、アカデミー賞6部門に輝いたデイミアン・チャゼル監督の大ヒットミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」をめぐる降板劇の真相を、米Vultureのインタビューで明かした。

 チャゼル監督の「セッション」(2014)でブレイクを果たしたテラーは、続く「ラ・ラ・ランド」でも主演を務めるはずだったが、企画段階で降板。ライアン・ゴズリングに主役の座を受け渡すこととなった。

 米エスクワイア誌2015年9月号掲載のインタビューで、「クリエイティブ面で作品にふさわしくない」という一言と共に、エージェントを介してチャゼル監督から突然の降板を告げられ、即座に怒りのメールをチャゼル監督に送りつけたと告白していたテラー。今年はじめには、「600万ドルの出演料を要求したのに対して400万ドルしかオファーされなかったため、テラーが自ら辞退した」と米ゴシップサイトPage Sixに書き立てられたことで、さらなる物議をかもしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >