2017/10/27 13:00

Jホラーの熱狂的ファン!「ゲット・アウト」監督が大ヒットの秘けつ語る

次回作も製作中だという (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved
次回作も製作中だという (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 全世界興行収入2億5200万ドル超のスマッシュヒットを記録し、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では99%(10月26日時点)の高評価を記録した「ゲット・アウト」(公開中)を手がけたジョーダン・ピール監督が、作品の舞台裏を語った。

 「パラノーマル・アクティビティ」「パージ」シリーズや「スプリット」を手がける敏腕プロデューサー、ジェイソン・ブラムが製作を務めたスリラー。ニューヨークに暮らす黒人の写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)は、白人の恋人ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招待される。謎めいた黒人の家政婦、庭を猛スピードで走り去る管理人、パーティに招待されたのは白人ばかりという状況に違和感を覚えるクリスは、パーティの参加者である黒人の若者を撮影した瞬間に急に襲いかかられ、その場から逃げ出そうとする。

 アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のひとりとして知られるピールは、本作で監督デビューを果たした驚異の“新人”。人種差別的な要素を巧妙に織り込み、恐怖へと昇華させた手腕は各方面から絶賛されている。だが、ピール本人は「2008年にこの映画を思いつき、そこから自分でプロットを練り始めたんだけど、最初は扱っているテーマがテーマなので、完成するわけがないと思っていたんだ。ただ書いていて楽しかったから、あらすじや脚本をコツコツと書いては直し続けていたよ。今まで見たことのないような、自分が見たいと思えるような映画を作りたいと、純粋な気持ちで書いていた。プレッシャーもなく仕上げられたのは、この映画は実現しないだろう、と思っていたからだと思うな」と謙虚な姿勢を崩さない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >