2017/10/27 17:45

「飢えたライオン」緒方貴臣監督は“深田晃司的”才能の持ち主!?

 「劇中で描かれる問題に対して対処する術は?」と問われると「今の世の中に足りないものは“想像力”だと思っています」と緒方監督。「他人のことを考えられないから不寛容になり、窮屈な世の中になっているんじゃないかと思う。なるべく自分の頭で考えてほしくて、(自作では)あまり説明しすぎないように気をつけています。だからこそ、本当は今のような質問もなくなればいいですよね」と回答。さらにタイトルの意味について質問されると、画家アンリ・ルソーの名を挙げた。「(同名の絵には)ライオンがカモシカを食べている周囲で、おこぼれを狙うヒョウ、ただ静観しているフクロウがいます。匿名性が保たれるジャングルの光景が、現代の日本社会に近い気がしたんです」と理由を明かしていた。

 主人公・瞳を演じた松林は「脚本を読んだ時にめちゃくちゃ面白いと感じました。ヘビーな役だったので、自分がどうなってしまうのかと考えました」と撮影の1カ月前からリハーサルに励んだようだ。「渋谷にある西武(百貨店)のトイレでリハーサルもしたことも(笑)。彼氏役の(水石)亜飛夢君も練習に付き合っていただきましたし、本当に恵まれた環境で演じる事ができました」と感慨深げに語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >