2017/10/27 21:00

ジグソウ役トビン・ベル「ジグソウ ソウ・レガシー」に参戦決定!

日本に向けたコメント映像も公開 (C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
日本に向けたコメント映像も公開 (C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 世界的人気を誇る「ソウ」シリーズの新章「ジグソウ ソウ・レガシー」に、“ジグソウ”ことジョン・クレイマー役のトビン・ベルが出演していることがわかった。

 猟奇殺人鬼ジグソウによって密室に閉じ込められ、生存をかけたゲームを強要される人々を描いた「ソウ」シリーズの第8作。「デイブレイカー」「プリデスティネーション」で知られる双子の兄弟ピーター・スピエリッグ&マイケル・スピエリッグが監督を務め、ジグソウの死から十数年後に巻き起こる新たな惨劇を描く。

 死体にジグソーパズルを模した印をつけることから、その名で呼ばれるようになったジグソウは、人間心理を巧妙に読み取り、二重三重にも計算されたトラップで“被験者”と呼ばれる対象者を追い込む殺人鬼。だが、殺人そのものが目的ではなく、ゲームの対象者に生きる意味を見いださせること、もしくは自身の業(ごう)を正させることを志している。

 「ソウ3」で不治の病によってこの世を去るも、後継者たちの行動を予測して策を講じるなど、ジグソウはこれまでのシリーズで実質的に死のゲームを支配する存在だった。シリーズ第7作「ソウ ザ・ファイナル 3D」で終結したはずのシリーズの“復活”に伴い、シリーズに舞い戻ったジグソウ。どのように登場し、どんな役割を果たすのか、ファンの期待が高まるところだ。

 また、ベルのコメント映像も合わせて公開された。日本のファンに向けて「ハロージャパン。『ジグソウ ソウ・レガシー』は、11月10日公開です。ぜひご覧ください」と語りかけており、健在ぶりを見せつけている。

 「ジグソウ ソウ・レガシー」は、11月10日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >