2017/10/27 22:00

海外映画祭で輝く池田暁監督、作風に小津安二郎&水木しげるの影響

池田暁監督と碓井千鶴プロデューサー
池田暁監督と碓井千鶴プロデューサー

 [映画.com ニュース] 2007年に若手映画作家の登竜門であるPFF(ぴあフィルムフェスティバル)で脚光を浴びた、池田暁監督の最新作「うろんなところ」が10月27日、開催中の第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で上映。池田監督は、碓井千鶴プロデューサーとともにTOHOシネマズ六本木ヒルズでのティーチインに出席した。

 頭に刺さった虫を取るために散髪屋を探しに行く小乃子、妻から「薬を届けに行く」「子どもができたのでお祝いに手袋を作りに行く」という奇妙な頼まれごとをされた土井、自宅を占拠する青い妖怪を退治するため雑貨屋に向かう和子。3人の男女を主役に、人々の夢が溶けてにじんだような、摩訶不思議なシュールファンタジーを紡いだ。

 13年に長編「山守クリップ工場の辺り」が、ロッテルダム国際映画祭とバンクーバー国際映画祭のグランプリに輝いた池田監督。ありふれた風景に幻想的な夢を融合させたが、物語成立の過程を「いろんな夢をくっつけています。それも僕の夢だけでなく、俳優さんや碓井さんに『今日、何の夢を見た?』と聞いて、くっつけていきました」と明かし、「最初、碓井さんから『15分の短編をつくって』と言われて、完成したら90分になった」と苦笑交じりに告白した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >