2017/10/27 23:05

「楢山節考」デジタルリマスター版上映 あき竹城、入院中の母のためにも熱演

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭の日本映画クラシックス部門で、今村昌平監督の「楢山節考」のデジタルリマスター版が10月27日、EXシアター六本木で上映され、出演者のあき竹城が登壇した。

 同映画は姥捨ての習慣がある山深い寒村を舞台に、人間の永遠のテーマである生と死、親と子の人間関係の本質を描いたもの。1983年のカンヌ国際映画祭では最高賞を受賞した。

 主人公の辰平(緒形拳)の妻、玉やん役を演じたあき。起用理由には「泥臭い。田舎っぽい。足が太い、からです」と笑い。「山形弁を使ってはいけないということで、標準語を勉強しました。事務所で監督の指導を受けましたが、監督の前では直っても、『お疲れ様でした』というと、訛りが出てしまった」と話した。

 撮影中は何度も方言でのNGがあったそうで、「毎日毎日、『訛っていたぞ』と監督に怒られていました。とにかく台本を読みました。私が訛っているのを知っていて、なんで選んだの、やってられないと思ったこともありましたが、入院していた母親が楽しみにしていたんで、どうしてもやらなきゃと思った」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >