2017/10/28 09:40

三浦しをん×大森立嗣監督、再タッグ作「光」で結んだ“共犯関係”

「まほろ駅前多田便利軒」シリーズに続き共闘
「まほろ駅前多田便利軒」シリーズに続き共闘

 [映画.com ニュース] 「まほろ駅前多田便利軒」シリーズの原作者・三浦しをん氏と大森立嗣監督が10月27日、都内で行われた再タッグ作「光」のトークイベントに参加した。

 東京の離島・美浜島に住む中学生・信之は、交際中の同級生・美花を守るために殺人を犯してしまう。その翌日、島を津波が襲い、信之、美花、幼なじみの輔と数人の大人だけが生き残る。25年後、妻子と共に暮らす信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去に犯した事件の秘密を握っていることをほのめかす。

 「普段は希望に満ちた小説を書きたいけど、暗黒成分がたまってきておためごかしが許せなくなるんです。それがマックスにたまったときに書いた小説です」と当時の心理状態を明かした三浦氏。「『ゲルマニウムの夜』からずっと好き」という大森監督への信頼感は絶大で、「『光』をもし映画化していただけるとしたら大森監督に撮っていただきたいとずっと思ってきたので、『撮りたい』と言われたときに、『光』の存在に気づいてくれてたんだと思ってすごくうれしかった。ずっと念を送っていたので(笑)」と笑顔を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >