2017/10/28 20:15

アルノー・デプレシャン監督「監督人生において重要なこと」を日本のファンに伝える

アルノー・デプレシャン監督
アルノー・デプレシャン監督

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」に出品された「イスマエルの亡霊たち」の上映が10月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、アルノー・デプレシャン監督が観客からの質問に答えた。

 「そして僕は恋をする」などで知られるフランスの俊英デプレシャン監督の新作は、期せずして奇妙な三角関係に陥った映画監督の日常と、彼の創造する映画とがモザイク状に組み合わさった愛のドラマ。今年5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭ではオープニング作品に選出されており、そこでは114分の短縮バージョンが上映されたが、今回は134分の「ディレクターズカット版」での上映となった。

 マチュー・アマルリック演じる主人公のイスマエルが映画監督ということで、観客からは「自身をモデルにした?」という質問が投げられたが、それにはデプレシャン監督も「今まで映画監督を主人公にしたことはありませんでした。マチューもわたしも、イスマエルのような監督にはなれないんです。そもそもイスマエルは過激で気まぐれで、失礼な男でもある。マチューもわたしも慎重な男だし、薬をのまずに、健康にも気を付けていますからね」と笑ってみせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >