2017/10/28 23:57

斎藤工&板谷由夏、新海誠監督の「リアリティを追求しすぎない」美学に感嘆

公開収録を行った斎藤工、板谷由夏、中井圭
公開収録を行った斎藤工、板谷由夏、中井圭

 [映画.com ニュース] 開催中の第30回東京国際映画祭で10月28日、新海誠監督作品を一挙上映するオールナイトイベント「WOWOW映画工房300回&『君の名は。』初放送記念 新海誠オールナイト in 東京国際映画祭」が催され、同番組のMCを務める斎藤工、板谷由夏、映画解説者の中井圭らが、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公開収録&トークイベントを行った。

 斎藤と板谷は、「君の名は。」の美術監督を務め、新海監督の初期作品から製作に携わる渡邉丞氏と、「新海誠展」の総監修を手掛けた落合千春氏をゲストに招き、新海監督作品の美術の美しさについて語った。

 斎藤は多くの国と地域で「君の名は。」が上映されていることに触れ、「美術が評価されているところがかなりあると思う。日本のアニメーションの細部の、写真のような美しさを渡邉さんが担っていると言っても過言ではない」と尊敬の眼差し。渡邉氏は、細部へのこだわりとして「写真を撮るロケハンをする」と話す一方で、「アニメなので、あまりリアリティを追求しすぎるのも、新海さんのなかではそうではないと。あまり類型的なものにはして欲しくないという狙いはあります」と新海監督の独自の美学を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >