2017/10/29 03:00

町山智浩、ゾンビ映画の父・ロメロの作品は「ニュース映像に近い」

町山智浩氏
町山智浩氏

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭のオールナイトイベント「ミッドナイト・フィルム・フェス!」として企画された「ジョージ・A・ロメロ フォーエバーナイト ~ロメロよ今夜もありがとう~」が10月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、映画評論家の町山智浩氏が上映前にトークショーを行った。

 7月16日(現地時間)、肺がんのため死去した“ゾンビ映画の父”ジョージ・A・ロメロ監督。同企画にラインナップされたのは、ロメロ監督が本拠地としていたピッツバーグを舞台にした吸血鬼ホラー「マーティン 呪われた吸血少年」、1968年に発表した初監督作「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生」、米国劇場公開版の「ゾンビ」の3本。町山氏は「ロメロ監督は、常に私たちが“見ているもの”に対する恐怖を描いています。ニュース映像に近いものとしてゾンビ映画を撮っていた」と分析しているようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >