2017/10/29 11:30

個性派・矢本悠馬「自分には自分の戦い方がある」 冷静に俯瞰する“現在地” とは

 [映画.com ニュース] 若手個性派俳優・矢本悠馬が、さらなる飛躍の時を迎えている。素人だった2003年に映画「ぼくんち」のメインキャストに大抜てきされ、この世界に足を踏み入れた。多くの経験を積んだ今、廣原暁監督作「ポンチョに夜明けの風はらませて」(10月28日公開)では悪友に振り回される青年“ジャンボ”に扮し、味わい深い魅力を放っている。

 「ポンチョに夜明けの風はらませて」は、早見和真氏による小説を基にした青春ロードムービーだ。トラブルメーカーの又八(太賀)、秀才のジン(中村蒼)、心優しいジャンボ(矢本)の高校生3人は、あてもない旅に出る。道中、グラビアアイドルの愛(佐津川愛美)や、風俗嬢のマリア(阿部純子)と行動をともにし、少しだけ成長しながら、自分の生き方を見つけていく。

 大きな事件は起こらないが、主役3人の会話劇が心地よい快感を与えてくれる。矢本によると、その秘けつは「プライベートでの仲の良さ」だという。「今作は余白を楽しむ映画。3人がプライベートから噛み合っていないと、作品の奥行きは出ません。太賀と中村くんは年も近く、波長が合うんです。ひとつ温度を上げて本番に、という感覚はあまりなくて。誰かがアドリブを入れたとしても、ビックリすることもない。同じベクトルの面白さを追求している安心感がありました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >