2017/10/29 16:52

スタジオライカの最新作「クボ」は日本舞台、製作陣は敬意「“母国”での上映夢のよう」

(左から)後藤太郎、ブラッド・シフ、ブラッド・バルド
(左から)後藤太郎、ブラッド・シフ、ブラッド・バルド

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭の特別招待作品「KUBO クボ 二本の弦の秘密」を製作した米スタジオライカのアニメーション・スーパーバイザーのブラッド・シフ、CFOのブラッド・バルド、日本文化のアドバイザーを務めた後藤太郎氏が10月29日、TOHOシネマズ六本木ヒルズでの上映後にティーチインに臨んだ。

 ライカは、「コララインとボタンの魔女」などストップモーションアニメで知られるアニメーションスタジオ。現在は3DCGアニメが全盛だが、バルドは「情熱の一言に尽きる。昔からの技術と新しい技術を組み合わせている。他に比べられるものなどない」と自負した。

 古き日本を舞台に、三味線の音色で折り紙に命を与えることのできる少年クボの冒険を描く。シフは撮影で実際に使ったクボのパペットを持参し、「骨格はスチル製で、体にはワイヤが組み込まれていて、人間以上の動きができるんだ。1秒で24コマだから微妙な表情の変化も、こうやっているんだよ」とパーツの取り外しを実践してみせ、観客を喜ばせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >