2017/10/29 20:48

ミューズ安藤サクラがドッキリ発言? 「シナリオを食べて、ウンコを出す」

安藤サクラとヤン・ヨンヒ監督
安藤サクラとヤン・ヨンヒ監督

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭の「Japan Now 銀幕のミューズたち」部門で、「かぞくのくに」が10月29日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、ヤン・ヨンヒ監督、主演の安藤サクラがQ&Aに登場した。

 同作は父が楽園と信じた北朝鮮から25年ぶりに帰ってきた兄ソンホ(井浦新)とヒロイン、リエ(安藤)の再会と別れを描いた人間ドラマ。ヤン監督の実体験を基になっている。2011年夏、約2週間、ほぼ順撮りで撮影した。

 劇映画初挑戦だったヤン監督は「ドキュメンタリー2本撮った後のド初心者で、シナリオも初めてだったので、スタッフ・キャストは信頼できる人に任せたいと思っていました。リエ役は安藤サクラさんのような人と思っていたら、本人が出てくれた。お金集めでは苦労したが、口を出す人もいない。第一希望の2人に断られる覚悟で手紙を書いたんです」と話した。

 安藤は「何も知らないで、ヘラヘラと『やります』と言いました。一昨日、見直したのですが、初めて台本を手にした時の記憶がない。その後のことが濃すぎた。監視をされる覚悟をした方がいいのかな、とか、北朝鮮にみんなで行けるのかなと思ったりしました、馬鹿だね、私」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >