2017/10/29 22:00

台湾ニューシネマの旗手ワン・レンの代表作が22年ぶりに上映!

戒厳令と白色テロの時代の台湾を描く
戒厳令と白色テロの時代の台湾を描く

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス部門」に出品された映画「超級大国民」(デジタル・リマスター版)の上映が10月29日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、ワン・レン監督、プロデューサーのファン・ジェンヨウが出席した。

 ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらとともに台湾ニューシネマをけん引したワン・レンの代表作をデジタル復元でよみがえらせた本作。1995年に東京国際映画祭コンペティション部門に出品されて以来、今回が22年ぶりの上映となった。満員の観客の前に立ったワン監督は「またこうやって22年後に東京で上映していただき、とてもうれしく思います。前回、22年前に上映されて以来、VCDとVHS版での発売はあったんですが、DVD版は出回っていなかった。しかも映像がぼやけている、画質の良くない海賊版が出回っていて。時には大学の教材ですら海賊版を使っているところもあったくらいです。ですから昨年、デジタルリマスター版を作ることができて、東京の皆さんにも見ていただくことができて。本当に幸せです」と感激の表情。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >