2017/10/30 09:00

スティーブン・キング原作「タリスマン」をジョシュ・ブーン監督が脚本執筆

ジョシュ・ブーン監督 Photo by Angela Weiss/ Getty Images for Variety
ジョシュ・ブーン監督 Photo by Angela Weiss/ Getty Images for Variety

 [映画.com ニュース] 「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の大ヒットを受けて、スティーブン・キング原作の「タリスマン」の映画化が前進したと、米バラエティが報じた。

 スティーブン・キングとピーター・ストラウブ共著の「タリスマン」は、1984年に発表されたファンタジー巨編。12歳の少年が、がんを患った母親を救うために“タリスマン”を探してアメリカを横断するというストーリーだ。

 スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・エンタテインメントは当初、テレビドラマとして準備をしていたが、このほど映画化に方針転換。「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督に脚本執筆を依頼した。現時点では脚本家としての起用だが、脚本の仕上がりによっては監督に就任する可能性がある。

 「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」が世界累計興行収入6億ドルを突破したことにより、キング作品の映像化に注目が集まっている。直近では「ダーク・タワー」(ソニー・ピクチャーズ)、「ジェラルドのゲーム」(Netflix)などが公開されたほか、「ミスター・メルセデス(原題)」(Audience)、「キャッスル・ロック」(Hulu)などの原作ドラマも進行している。

 ブーン監督は、キング原作の巨編を映画化する「ザ・スタンド」で脚本・監督を務める予定だったが、同企画は映像化権の移行にともない保留状態にある。その後も、キングのホラー小説「リバイバル(原題)」の脚本を手がけていることから、キングからの信頼も厚い。現在は「X-MEN」のスピンオフ映画「ザ・ニュー・ミュータンツ」(18年4月13日に全米公開)を手がけている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >