2017/10/30 13:00

「回転木馬は止まらない」キャストが語る“ピクニック・シネマ”の試み

ピクニック・シネマの試みについて説明
ピクニック・シネマの試みについて説明

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭の国際交流基金アジアセンターによる「CROSSCUT ASIA ネクスト!東南アジア」部門で、インドネシア映画「回転木馬は止まらない」が10月29日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、キャストのコルネリオ・サニー、カリナ・サリム、ライン・プロデューサーのリサ・アングラヘニ氏がティーチインに臨んだ。

 第28回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で上映された「三日月」でも知られる新鋭イスマイル・バスベス監督による本作は、バンドを組む3人娘、亡妻が忘れられない男、今の生活から逃げたい娼婦など、複数の人生がクロスする群像劇。「枕の上の葉」「スギヤ」のガリン・ヌグロホ監督が推薦する1本で、サニーは会計士役、サリムは新婦役として出演している。

 「映画館にいたはずの自分が、まるで現地を旅したような感覚になった」という観客の感想を聞いたサニーは「本作のコンセプトは“ピクニック・シネマ”なんです」と明かした。「旅行をしながら映画をつくっていこうという試み。映画自体の大まかな主題はあるんですが、スクリプトはありません。『楽しく映画を作ろう』というのがテーマ」と説明すると、「長年の親友であるイスマエルと組んだグループでは、ワークショップのようなものを通じて、新たな監督を発見しようとしています。この“ピクニック・シネマ”の作り方で、新たな映画製作の手法を学んでほしいんです」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン