2017/10/30 20:00

イサーン地方描いたタイ新鋭監督 軍事政権下の映画界「前よりよくなっている」

アピチャッポン・ウィーラセタクン監督に推薦されたウィットチャーノン・ソムウムチャーン監督
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督に推薦されたウィットチャーノン・ソムウムチャーン監督

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭の「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA #4 ネクスト!東南アジア」部門で、「4月の終わりに霧雨が降る」が10月30日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、タイのウィットチャーノン・ソムウムチャーン監督がQ&Aに登場した。

 失業して故郷に帰った青年が織りなすドラマを、監督自身の家族へのインタビューなどを交えながら描いた実験的作品。タイ・バンコクで職を失って東北部イーサン地方に帰郷したナムは、高校時代の友人の結婚式で、かつて思いを寄せていた同級生ジョイと再会する…。日本ではアジアフォーカス・福岡国際映画祭2012で初上映された。

 本作が長編デビューで、脚本も手掛けたタイのウィットチャーノン・ソムウムチャーン監督は製作の経緯について「この前にショートフィルムを撮りました。ドキュメンタリーの形式でフィクションを入れたら、面白いと思ったんです。製作費の制限もあるので、自分の伝えたいことを最大限に伝えるにはどうすればよいかを考えました。時間軸がバラバラにした『ザ・ミラー』という小説も参考にしています」と明らかにした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >