2017/10/31 12:00

ウッディ・アレンの新作でジュード・ロウがエル・ファニングと“年の差不倫”?

年の差不倫? 写真:Shutterstock/アフロ
年の差不倫? 写真:Shutterstock/アフロ

 [映画.com ニュース] ウッディ・アレン監督の新作「A Rainy Day in New York(仮題)」に、中年男性と少女の性的関係が描かれていることがわかり、物議を醸している。

 同作は、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ティモシー・シャラメット、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーブ・シュレイバー、レベッカ・ホールら豪華キャストが共演。ストーリーの詳細は伏せられているが、ロウが若手女優やモデルと浮気を繰り返す44歳の既婚男性、ファニングが彼と交際する15歳の愛人役を演じているようだ。

 米Page Sixによれば、劇中で、ホール演じるキャラクターと3人が居合わせ、少女(ファニング)は男性(ロウ)との不倫を認め、自分は21歳だと主張。そして男性に「あなたが相手にしてきた女性たちは、快楽目当てだったの? それとも何かのリサーチだったわけ?」と問いただす場面があるという。

 なお、アレンが自身の作品で、年上男性と若い女性の恋愛を描くのはこれが初めてではない。1980年の「マンハッタン」では、42歳のコメディ脚本家(アレン)が17歳の学生(マリエル・ヘミングウェイ)と交際していた。96年の映画「誘惑のアフロディーテ」では、アレン演じるスポーツライターの妻役を30歳下のヘレナ・ボナム・カーター、恋に落ちる娼婦役を31歳下のミラ・ソルビーノが演じている。また、93年の映画「夫たち、妻たち」では、アレン演じる大学教授が恋心を抱く教え子に、37歳下のジュリエット・ルイスが扮した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >