2017/10/31 15:00

アガサ・クリスティ本人はまるで探偵?ひ孫が「オリエント急行殺人事件」の製作秘話明かす

豪華キャストで再映画化 (C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation
豪華キャストで再映画化 (C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 「マイティ・ソー」「シンデレラ」の監督を手がけ、「ダンケルク」の海軍中佐役で存在感を発揮したケネス・ブラナーが製作・監督・主演を務め、アガサ・クリスティの人気小説の再映画化に挑む「オリエント急行殺人事件」が、12月8日に公開される。このほど、クリスティのひ孫で、アガサ・クリスティ社の会長兼CEOのジェームズ・プリチャード氏が、原作小説が生み出された背景やクリスティの人柄について語った。

 トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、ギャングで富豪のラチェット(ジョニー・デップ)が殺害された事件のてん末を描く本作。プリチャード氏は「彼女はオリエント急行に何度か乗って、さまざまな経験をして、それがストーリーにつながっていきました。実は、彼女がオリエント急行に乗っているとき、実際に電車が止まったんですが、そのときに彼女は『もしこの状況で殺人が起きたらどうなるんだろう』と推測していたそうです。さらに、状況を知るために車掌室のドアに聞き耳を立てたりもしたといいます。曽祖母は“知りたい”という欲求に動かされ、ある意味では、“何にでも首を突っ込む”というところがあったのかなと思います。そして、どんな状況もストーリーにしてしまう、そんな技術を持っていました」と明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >