2017/10/31 21:35

シネマ・コンサートで「ゴジラ」秘話 伊福部昭さん、一発録りにこだわった

興味深い話の連続
興味深い話の連続

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭の特別企画として、「ゴジラ」シネマ・コンサートが10月31日、東京・有楽町の東京国際フォーラムCで行われ、「ゴジラ」シリーズの富山省吾プロデューサー、岩瀬政雄音楽プロデューサー、「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督がトークショーを行った。

 シネマ・コンサートは、映像はそのままに音楽はオーケストラが生演奏するという最近人気の体験型の上映スタイル。1954年に公開された第1作「ゴジラ」(監督・本多猪四郎)の上映に合わせて、伊福部昭氏が作曲した劇中曲全曲を、直弟子で作曲家の和田薫氏が指揮し、東京フィルハーモニー交響楽団が演奏する。

 海外作品では「スター・ウォーズ」「ラ・ラ・ランド」など多彩なラインナップがあるシネマ・コンサートだが、日本映画では「ゴジラ」と「砂の器」(1974年)のみ。シネマ・コンサートのプロデューサーでもある岩瀬氏は「海外では音楽、セリフ、効果音など別々に録音しているが、日本では悲しいかな、いっしょくたにしている。ミックスされた音から、音楽を外してどこまでできるかが難しいんです」と説明した。第1作「ゴジラ」の音楽録音については「聞いた話では、伊福部先生はスクリーンに映像を映して、タイミングを合わせて録るというやり方だったそうです。シネマコンサートは、まさに昔やっていた音楽録りをやっているような感じです」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >