2017/11/01 13:30

【全米映画ランキング】「ジグソウ ソウ・レガシー」がV G・クルーニー監督「Suburbicon」は9位に

「ソウ」シリーズのリブート「ジグソウ」が首位デビュー (C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved Photo credit: Brooke Palmer
「ソウ」シリーズのリブート「ジグソウ」が首位デビュー (C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved Photo credit: Brooke Palmer

 [映画.com ニュース]3本の新作がランクイン入りした先週末の全米ボックスオフィス。全体的に低調ながら、ハロウィーン向けのホラー「ジグソウ ソウ・レガシー」がオープニング興収約1625万ドルで首位デビューを果たした。

 同作は、2004年に第1作が公開された人気ホラー「ソウ」シリーズの最新作。「ソウ ザ・ファイナル3D」の公開から7年が経過し、「デイブレイカー」のピーター&マイケル・スピエリッグを監督に迎え新たな布陣でシリーズを再起動させたが、3000万ドル台をキープしていたシリーズ全盛期のOP興収には届かなかった。

 2位は前週首位の「Tyler Perry's Boo 2! A Madea Halloween」。10日間の累計は約3500万ドルでグロスは5000万ドル程度に終わりそう。ちなみに前作「Boo! A Madea Halloween」はグロス約7320万ドルだった。

 初登場で6位に入ったのは、クリント・イーストウッド監督作「アメリカン・スナイパー」の脚本で注目されたジェイソン・ホールの監督デビュー作「Thank You for Your Service」。ピュリッツァー賞受賞作家デビッド・フィンケルのノンフィクション「帰還兵はなぜ自殺するのか」(亜紀書房刊)をマイルズ・テラー主演で映画化した実録戦争ドラマ。レビューはまずまずだったが、興行には結びつかず、苦しいスタートとなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >