2017/11/01 16:00

マーク・ラファロが語る「マイティ・ソー」最新作の爆笑の撮影現場と“ハルク3部作”

この舞台挨拶の後、SNSの ライブ配信を切り忘れ…
この舞台挨拶の後、SNSの ライブ配信を切り忘れ…

 [映画.com ニュース] 「アベンジャーズ」シリーズで怒れる超人ハルクことブルース・バナーを演じてきたマーク・ラファロが、雷神ソーを主人公にしたシリーズ第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」に参戦。撮影秘話や、“ハルク3部作”の構想について語った。

 アベンジャーズの一員として地球の危機を救ってきたソーが、辺境の惑星サカールの闘技場で絶対王者として君臨するハルクと再会。故郷アスガルドを奪った死の女神ヘラに立ち向かうため、ハルクや、義弟で宿敵のロキ、ワケありの女戦士ヴァルキリーと型破りなチーム「リベンジャーズ」を結成する。

 ソーとハルクは再会の場面こそ大激突するものの、それを乗り越えた後は名コンビとして冒険の旅を繰り広げる。ラファロとソー役のクリス・へムズワースの相性の良さは、「アベンジャーズ」の取材時に偶然ペアになったことで判明したが、続編「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」ではほとんど共演シーンがなかったため、「僕たちは『一緒に映画をやるべきだ』と言い始めた」と振り返る。そして、ヘムズワースから「『マイティ・ソー3』を一緒にやりたくないかい?」と誘われ、「イエス。それは素晴らしいねと答えたよ」と、“最強タッグ”実現の裏側を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >