2017/11/01 17:00

井浦新「光」携えローマ映画祭へ!観客は狂気の演技に拍手喝さい

現地の評判は上々!
現地の評判は上々!

 [映画.com ニュース] 井浦新と瑛太の共演で、人気作家・三浦しをん氏の小説を映画化した「光(大森立嗣監督)」がイタリアで開催中の第12回ローマ国際映画祭のオフィシャル・セレクションで10月31日(現地時間)に上映され、井浦と大森監督が現地で舞台挨拶を行った。

 東京の離島・美浜島に住む中学生・信之は、交際中の同級生・美花を守るために殺人を犯してしまう。その翌日、島を大災害が襲い、信之、美花、幼なじみの輔と数人の大人だけが生き残る。25年後、妻子と共に暮らす信之(井浦)の前に輔(瑛太)が現れ、過去に犯した事件の秘密を握っていることをほのめかす。同じく三浦氏の人気シリーズを実写化した「まほろ駅前多田便利軒」や、「さよなら渓谷」「セトウツミ」などで知られる大森監督が監督・脚本を手がけ、テクノ・ミュージックの巨匠ジェフ・ミルズが音楽を担当した。

 午後9時30分からの上映にも関わらず、約300人の観客が来場。信之が狂気をむき出しにする暴力シーンでは、観客は驚きの声をあげ、エンドロールでも座席を立つこともなく、拍手を送っていた。上映後、観客へのインタビューでは「力強い作品。俳優たちの演技がとにかく素晴らしい」との声が上がったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >