2017/11/01 18:30

坂本龍一「戦場のメリークリスマス」からこだわり抜いた映画音楽の流儀

ベルトリッチ監督との爆笑秘話を 明かした坂本龍一
ベルトリッチ監督との爆笑秘話を 明かした坂本龍一

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭のマスタークラス「坂本龍一スペシャルトークイベント」が11月1日、六本木アカデミーヒルズで行われた。

 時代を切り開く、革新的な作品を世界に発信し続けてきた映画人に贈られる「SAMURAI賞」を受賞した坂本。同イベントは、アカデミー賞をはじめとする数々の国際的な賞を受賞し、常に時代をリードする坂本の軌跡をたどるとともに「映像と音の関係」を題材にしたトークを展開。モデレーターを、音楽・文芸批評家の小沼純一氏が務めた。

 特別招待作品としてドキュメンタリー映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」も上映される坂本が、初めて映画音楽に携わったのは、大島渚監督作「戦場のメリークリスマス」。「道(1954)」「太陽がいっぱい」のニーノ・ロータが生み出した音楽が大好きだったという坂本は「音楽もつくらせてくれるなら出演してもいい」と未経験ながらも強気に出たようだ。タイトルにちなみ「クリスマスソング=鐘の音」を想起しながらも「この映画は南洋が舞台なので、教会的な音ではいけなかった。今作ではワイングラスの音を基本としています」と理詰めでメロディを構築した。そして2週間程度の作業の後、運命の瞬間は訪れた。「突然意識がなくなって、目が覚めたら譜面が書いてあったんです。ハーモニーの調整はありましたけど、まさに自動筆記みたいだった」と振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >