2017/11/01 19:25

坂本龍一「SAMURAI賞」刀型トロフィーを振り回す!「戦メリ」撮影秘話も明かす

「SAMURAI賞」を授与された坂本龍一
「SAMURAI賞」を授与された坂本龍一

 [映画.com ニュース] 日本を代表する音楽家・坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」が11月1日、第30回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、坂本、監督を務めたスティーブン・ノムラ・シブルがTOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に出席した。

 この日は、東京国際映画祭が“時代を切り拓き続けてきた映画人”に贈る「SAMURAI賞」の授与式も実施。同賞に輝いた坂本は、フェスティバルディレクター・久松猛朗氏から受け取ったトロフィーをしげしげと眺め、「東京国際映画祭も30回ということで、長く続いていますよね。おめでとうございます。ドキュメンタリー映画を今日上映してくださるそうで、ありがたいことです」と破顔した。

 刀型のトロフィーを振り回したり、尖端に手を当て痛がる素振りなど、ひょうきんに喜びを表現して場内を沸かせた坂本。「よく見ると刀の柄も書いてありますね」と切り出し、大島渚監督作「戦場のメリークリスマス」の撮影秘話を明かす。「思い起こすと、僕が映画に関わった最初の作品で、(自身が)役者として居合いをするシーンがあります。撮影の前に8回ほど居合いの道場に通い、文字通り付け焼き刃ですが、刀を振り回すのを習いました。それを思い出しました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >