2017/11/02 13:30

「三度目の殺人」是枝裕和監督 見せ場カットを許した福山雅治に感謝

ティーチインで興味深い話題を 提供した是枝裕和監督
ティーチインで興味深い話題を 提供した是枝裕和監督

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭の「JAPAN NOW」部門で「三度目の殺人」が11月1日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、是枝裕和監督がQ&Aを行った。

 本作は、殺人罪で起訴された被告(役所広司)の弁護を担当する弁護士(福山雅治)が、被告の言動に惑わされ、真実の難しさに直面する法廷サスペンス。「そして父になる」の福山雅治と再びタッグを組んだ。これまで家族を主題にしてきた是枝監督にとって、少し路線の違う作品になっている。

 是枝監督は「同じ声で歌っているのですが、メロディライン、楽器の構成は違うかな。しばらくホームドラマを意識的にやってきた。狭く限定して、いかに人間が描写できるか、と。今回は視野をやや広く関心を持った、ある事件をめぐる話。そこは変えた部分です。(脚本を)書きながら、撮りながら、気づいたのは、普段、私達が手にしている正義や真実というものは、真実ではないかもしれない。そのあいまいさ、その怖さを描けるかもしれないと思った」と話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >