2017/11/02 14:30

ハリソン・フォードが語る「ブレードランナー 2049」の“最重要テーマ”

9年ぶりの来日で健在ぶりを見せつけた 写真:奥野和彦
9年ぶりの来日で健在ぶりを見せつけた 写真:奥野和彦

 [映画.com ニュース] 名優ハリソン・フォードが、代表作の1つ「ブレードランナー」の30年後を描く新作「ブレードランナー 2049」(公開中)を携えて約9年ぶりに来日。作品への思いから、俳優としてのあり方まで力強く語った。

 2049年の近未来を舞台に、人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のK(ライアン・ゴズリング)と前作の主人公デッカード(フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまを描く。「メッセージ」「ボーダーライン(2015)」で知られるドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとり、世界46カ国で初登場第1位を記録している。

 いまだにフォロワーを増やし続けるSF映画の金字塔「ブレードランナー」が世に放たれたのが、1982年。世界に衝撃を呼び起こした革新的な未来描写は本作でさらなる進化を遂げているが、フォードが作品への参加を決めたのは、純粋に脚本に心を動かされたからだという。「(脚本にひかれたのは)正直、キャラクター描写そのものというよりは、キャラクターの関係性だった。お互いにどのように気遣って思いあっているか、がこの話の重要な部分でもあるが、役同士の関係性をどう具現化するかは、俳優が担当する部分だからね」と物語自体の完成度だけではなく、演じ手としてのやりがいも感じた様子。フォードは前述の“関係性”についてさらに言及し、心をつかまれたのは「言語の違いに関わらず共通する、もっと感情的なところだったんだ。文化というよりは、人間性の部分。それは日本語だろうと中国語だろうと関係なく共通するものだし、取り巻く環境にも左右されない」と力を込める。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >